iPhone11 Pro Max のディスプレイ画面の交換修理方法

iPhone11 Pro / iPhone11 Pro Max は、有機ELディスプレイが採用されています。基本的に、有機ELディスプレイだからといって、iPhone8、iPhone7で使用されている液晶ディスプレイと交換修理方法はよく似ております。

こちらでは、iPhone11 Pro Maxの本体よりディスプレイの外し方(分解の仕方)紹介しております。

iPhone11 Pro Max

スポンサーリンク

iPhone11 Pro Maxを開封する方法。

画像のように、ドックコネクター側に星形のネジ2本で固定されています。ネジに対して、ドライバー直角にして慎重に外していきます。

ヒートガンまたはドライヤー等でiPhoneの外周をゆっくり温めて下さい。これは、iPhoneの本体とディスプレイが接着されているため、熱で外し易くするためです。

iPhone本体の下部よりヘラなどで隙間をつくり、画像のようなピックなどではさみます。

周りを添うようにゆっくりピックやヘラなどで開けていきます。

プラスティックのヘラを差し込み過ぎず、慎重に接着を剥がしていって下さい。

iPhone11 Pro Max を開封する。

iPhone11 Pro では、iPhoneを正面からみて左から右に開けられるようになっています。上の画像では、左側面が開いている状態です。

写真のように、約90度ぐらいまで開いて下さい。これは、iPhone本体とディスプレイパネルがケーブルでつながっており、これ以上開くとケーブルが引っ張られて断線してしまう場合があるためです。

iPhone本体とバッテリーの接続を外す

バッテリーの接続を外すのは、作業の安全を考慮するためです。これから進める作業で、微弱な電流により接続部などがショートしてしまったりするのを防ぐためでもあります。

画像の位置のプレートに固定されているビスを外します。

ここで、使用されているドライバーは、iPhone7以降使用されるようになった、Y字型のドライバーになります。

プラスティックヘラ・セラミックヘラなどの絶縁素材のヘラなどで基板に接続されている赤枠で囲ったコネクターを外していきます。このコネクターはバッテリーとつながっています。

iPhone11のバッテリーは、上の画像のようにL字型になっています。また、赤丸のように、iPhone11 Pro Maxは、2か所コネクターで接続される設計になっています。iPhoneXs Maxは、上の画像の左側のように一か所です。

チャージングドック側のプレートのネジを外します。

固定されていたプレートを外します。

バッテリーのコネクターは、赤まるで囲った部分になりますので、そちらのコレクター外します。

iPhone本体とディスプレイの接続を外します。

赤枠で囲っている部分のプレートでケーブルが固定されているビス(ネジ)を外していきます。ここでは、合計6つのビスを外します。

 

ピンセットで、ネジで固定されていたプレートを外します。

プラスティックヘラ・セラミックヘラなどの絶縁素材のヘラなどで基板に接続されている赤枠で囲ったコネクターを外していきます。

この3か所のコネクターを外すとディスプレイパネルが本体から取り外すことができます。

iPhone 11 Pro のディスプレイパネルについている部品を外す

iPhoneより外したディスプレイについている部品を外していきます。

こちらの部品は、イヤースピーカーであったりセンサーなどの部品になります。

ネジで3か所とめて固定されています。

イヤースピーカーアセンブリーを外す際は、以前のiPhone同様に両面テープ等で接着されていますので、慎重に外してください。

earspeaker-and-sensor-mic-flex

これで、ディスプレイパネルから部品を外すことができました。

必要に応じて、新しい部品と交換し、組み立て直して出来上がりです。

あとがき

こちらでは、iPhone11 Pro Maxの有機ELディスプレイパネルを本体から分解する方法を簡単に紹介致しました。分解時のより詳細な注意点や詳しい分解方法であったりは、別途ご確認の程よろしくお願いいたします。

こちら参考程度で推奨するものではございませんので、予めご了承下さい。なお、iPhoneを開封することにより防水・防塵であったり、製造メーカーよりは改造扱いになりますので保証が受けれなくなる場合がございます。

万が一iPhone11 / iPhone11 Pro Max 等のディスプレイ画面のガラスが割れてしまったり、タッチ等の操作ができなくなった場合等の修理は、メーカーや修理等の専門業者へのご相談お願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました