iPhoneのお役たち情報

iPhoneが水没!そんな時に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6が水没しても復旧できます。

まず、結論から言えば、水没修理をしてみないと復旧するかどうかわかりません。

アイフォンだけでなく、精密機器が水に浸かってしまうと、その時の状況やその後の処置により大きく復旧率は変わります。だからと言って、諦める必要はありません。

実は、水没して電源が入らなくなった方が復旧する場合が高い!

これは意外かもしれませんが、水没して電源が入らなくなった場合の方が、致命的な結果になっていない場合の方が多いです。電源が切れることにより、アイフォン内の基板に電流が流れなくなり、プロセッサーやメモリーに異常が発生していない場合が多いからです。また、逆に中途半端に電源が入ってしますと内部で更なるショートを起こして完全に壊してしますこともあるからです。

水没修理で復旧すれば、データが消えずにそのままの場合がほとんどです!

iPhone6の水没修理もiPhone5s,iPhone5などと同じように、内部を完全に分解して内部洗浄、接点回復、乾燥および必要に応じて部品の交換にて復旧を試みます。電源が入れば、非常に高い確率でデータなども消えていることなくそのままです。

iPhoneを水没させてしまった時の応急処置が大切!

水没させてしまった時の応急処置は、3つだけ

  1. 電源を切る(電源が付いている場合)
  2. タオルなどで水分をふき取る(振ったりしないで下さい)
  3. 以下の写真のように、アイフォンの正面から見た時、右側に基板があります、iPhone6の場合は、右側面に電源ボタンがありますので、そちらを上にして水分がバッテリー側に重力の力で流れるように横に立ててお待ち下さい。

iPhone6_inside_水没

至急ご相談のご連絡下さい!

お問い合わせは:

080-5910-0050 

つながらないときなどは:

080-2418-9609

参考 : こちらのiPhoneを水没させた時の応急処置も参考にして頂ければと思います。

iPhone6の水没修理の内容は!

iPhone5c_水没_150416_02

アイフォンを開封すると上記のような状態になっております。こちらの画像は、iPhone5cのものになりますが基本的に同じような構造になっています。

水没したものを開封すると、内部には写真のように水分が残っていることがほとんどです。水没修理の簡単な流れは以下のような工程にて作業をさせて頂いております。

  1. iPhone内に残っている水分を完全に取り除く作業
  2. 基板洗浄
  3. 接点回復・復旧作業
  4. 内部乾燥
  5. 場合により、不良部品の交換
  6. その他

内部を開封し分解した時に以下のように非常に激しく腐食及びショートしている場合もございます。

水没_基板腐食_201506

このような場合でも、正直に申しまして復旧する場合もあります。

水没しても諦めないで下さい!

諦めずに、修理のご相談をするには!(夜間・早朝OK)

お問い合わせは:

080-5910-0050

つながらないときなどは:

080-2418-9609

iPhone各種対応

iPhone6 plus, iPhone6, iPhone5s, iPhone5c, iPhone5, iPhone4s 

滋賀県・三重県内は出張修理で即日復旧!

滋賀県内では、甲賀市・草津市・湖南市・東近江市・日野町・竜王町・近江八幡市・甲良町・多賀町・豊郷町・彦根市・大津市などです。

三重県内では、鈴鹿市・津市(久居)・名張市・伊賀市・亀山市・菰野町・四日市市などになっております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加