【2019年9月発売】iPhone 11の特徴やスペックなど

Appleより、毎年9月に新しいiPhoneが発表され発売されており、今年度は、iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone Pro Max が発表されました。

こちらでは、iPhone 11 についての性能(スペック)や他の昨年発売された、iPhone XRとの違いなど比較しております。

スポンサーリンク

iPhone 11の発売日は、9月20日

iPhone 11の発売日は、9月20になり、予約受付中になります。特に、今年のiPhoneの特徴は、ワイヤレス充電・カメラなどのスペックアップがされたモデルになります。

  • 予約の開始日、2019年9月13日(金曜日)
  • 発売日、2019年9月20日(火曜日)

最新のiPhone11の価格

iPhone11の税込みの価格

64GB ¥82,280円(10%での税込み)
128GB ¥87,780円(10%での税込み)
256GB ¥99,880円(10%での税込み)

iPhone11 Proの税込みの価格

64GB ¥117,480円(10%での税込み)
256GB ¥135,0800円(10%での税込み)
512GB ¥159,280円(10%での税込み)

iPhone11 Pro Maxの税込みの価格

64GB ¥131,780円(10%での税込み)
256GB ¥149,380円(10%での税込み)
512GB ¥173,580円(10%での税込み)

また、昨年発売された、iPhoneXR, iPhoneXs, iPhoneXs Maxの価格が下がりました。(全モデル、それぞれ1万円~)

昨年発売のiPhoneXRの後継機がiPhone11?

2018年に発売された、iPhone XRの後継機がiPhone11と言われています。また、同様に、iPhoneXs が iPhone11 Pro、iPhoneXs Max が iPhone 11 Pro Max

iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Max の機能や性能

カラー(本体の色)

  • ブラック
  • グリーン
  • イエロー
  • パープル
  • (PRODUCT)RED
  • ホワイト

ちなみに、ディスプレイは各色同じ黒がベースになっているため、iPhone11のディスプレイの破損の交換修理では、色により違うディスプレイではないようです。(iPhone修理屋視点)

iPhone11のディスプレイ画面

  • Liquid Retina LCD
  • 1,792 × 828 ピクセルの解像度、326ppi
  • True Tone ディスプレイ
  • 触覚タッチ

Liquid Retina LCDってまた専門的な言葉が出てきてますが、現実世界に近い色を持つフルスクリーンのことらしいです。

  • iPhone11は、液晶ディスプレイ
  • iPhone11 Pro は、有機ELディスプレイ

iPhone11は、デュアルカメラ

メインカメラとウルトラワイドレンズの2眼レンズ

iPhone11のメインカメラは12メガピクセルなりました。ナイトモードが搭載され、夜間や薄暗いところなど光源が足りない状態でも質の高い写真撮影が可能になっています。

iPhone11 Pro と iPhone11 Pro Max はトリプルカメラ

広角レンズ(26mm F1.8)、望遠レンズ(52mm F2.0)、超広角レンズ(13mm F2.4)のトリプルカメラになりました。

iPhone11のバッテリー

昨年発売された、iPhoneXRに比べ、持ち時間は1時間長くなっているとのことです。

また、iPhone 11 Pro は iPhone Xsに比べてバッテリーの持ち時間は4時間も長くなっているそうです。

この1年の間で、省電力化がさらに進んだものと思います。

iPhone 11 の防水・防塵が強化された⁉

iPhone11の表面(全面)と背面のガラスは、二重のイオン交換プロセスによる強化ガラスが採用されています。

iPhoneXRも非常に硬いディスプレイになり、割れにくくなったと言われています。ただ、落としたり衝撃でディスプレイ画面のガラスは割れなくてもショックでディスプレイが壊れてしまう場合も考えられます。

iPhone11の耐水性能は、水深2メートルで30分間となっています。これは、以前のiPhone8やiPhoneXRの2倍の深さまで大丈夫とのことです。

iPhone11は買いなのか⁉

こちらは、判断が分かれるところではないかと思います。来年2020年に、第五世代(5G)の通信規格に対応したiPhoneが発売されると言われており、そちらを待つという人も多くいます。

ただ、iPhone6s以降のiPhoneをお使いの方で特に機能上で不便を感じていない場合なら、今回のiPhone11は少し様子を見てもいいのではないかと思います。

現在使っているiPhoneの電池の持ちが悪い場合ディスプレイ画面が割れているなどの場合、最近では、iPhoneの修理店などで即日で修理してもらえることが多くなっています。

iPhone6sを修理した場合の参考

  • iPhone6sの機種により電池交換は5000~7000円
  • iPhone6sのディスプレイの破損は7000~10000円

上記は、お店や使われるパーツの種類や時期により料金に違いはあること予めご了承ください。

 

タイトルとURLをコピーしました