【うわさ】2020年のiPhoneは、赤外線ではなくTOFセンサー搭載される⁉

近年は、AR(拡張現実)/VR(バーチャルリアリティ)のほか,自律的な動作が必要となるロボットやドローンなどでより正確な距離画像の取得が求められています。

2020年発売のiPhoneでは、ARであったり、写真の3D測定により精度が求められるようになり、赤外線からToFセンサーに移行する必要が出てきたと思われます。赤外線に比べ、TOFセンサーは、より遠くまで測定ができるなどで測定器としてスペックが優れていると言われています。

スポンサーリンク

TOFとは

TOFとは、Time Of Flightの略で、照射した光線が対象に当たり、反射光が戻るまでにかかる時間から距離を計測する技術。

参考

Kuo: Apple adopting rear time-of-flight 3D sensors in 2020 iPhones

 

タイトルとURLをコピーしました