【AdSense】ads.txt が含まれていないサイトがあります。どうすればいい⁉

google アドセンスの開いたら、

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

と表示されていたので、これって何ってことで、ここまで簡単に対処方法をまとめました。

スポンサーリンク

ads.txt について

googleさんのヘルプより https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja

いろいろ、書いてありますが、なりすましや偽の広告配信主がいたりするので、そうゆうのは認めませんので注意してください。ってことらしいです。

なので、ads.txtなるものを作成して、サーバーに設置してくださいってことです。

ads.txtの作成から設置までの手順は!

  1. googleアドセンスよりサイトの運営者情報を調べる。
  2. テキストエディターで『ads.txt』を作成する。
  3. サーバーに設置する。
  4. ads.txtの設置と設定確認をする。
  5. googleさんのクロールの頻度によるが数日待って完了。

1.googleアドセンスのサイトの運営者情報を調べる

[Google AdSense] → [アカウント] → [アカウント情報] → [サイト運営者ID]

サイトの運営者IDは、緑の枠部分になります。

サイト運営者ID pub-○○○○○○○○○○

2.テキストエディターで『ads.txt』を作成する。

  • Notepad++
  • TeraPad
  • Atom
  • サクラエディタ

などのテキストエディターを開いて、以下の文章を記入する

google.com, pub-○○○○○○○○, DIRECT, f08c47fec0942fa0

ads.txt をサーバーにアップロードする。

こちらは、サイトのルートドメインにアップロードします。

ルートドメイン(例:https://example.com/ads.txt)

・レンタルサーバー等によりルートドメインの場所が違ったりいたします。

Xserverの場合

example.com/public_html

public_html 下に「ads.txt」をアップロードする。

さくらサーバーの場合

  1. サーバコントロールパネルにログイン
  2. 運用に便利なツールの欄 の「ファイルマネージャー」をクリック
  3. wp や wordpress などフォルダー
  4. 3の補足 [ wp-admin ] ,[ wp-content ] ,[ wp-includes ] などが入っているファイルに、「ads.txt」をアップロードします。

ads.txtの設置と設定確認をする。

サーバーにアップロードが終わりましたら、「ads.txt」が設置できているか確認します。

アドレスバーにhttps://example/ads.txt のように記入してEnterを押す。

そこで、メモ帳で書いた文字が表示されれば完成です。

後は、グーグルさんがクロールされるまでサイトにより数時間から数日待てば、google adsenseに注意が消えています。

タイトルとURLをコピーしました