【WordPress】termの取得と表示の方法

スポンサーリンク

termについて

WordPressの投稿を分類には、「カテゴリー」と「タグ」が用意されています。

しかし、それ以外に、独自にオリジナルの名称や値を持つカスタム分類(カスタムタクソノミー)を実装することが出来ます。

カスタムタクソノミーの分類の中で個々の項目をterm(ターム)と呼ばれております。

カスタムタクソノミーに登録されたtermの情報の取得する

例)カスタムタクソノミーが「my-category」の場合

<?php
$terms = get_terms( 'info-category');
foreach ( $terms as $term ){
echo $term->name; //名前
echo $term->slug; //スラッグ
echo $term->description; //説明
echo $term->term_id; //タームID
echo $term->parent; //直近の子ターム
echo get_term_link($term->slug, 'info-category'); //タームのリンク
}
?>

一覧を取得「リンクつき」

<?php
$terms = get_terms( 'info-category');
  foreach ( $terms as $term ){
    echo '<a href="'.get_term_link($term->slug, 'info-category').'">'.$term->name.'</a>'; //タームのリンク
}
?>

 

single.php でのtermの情報取得

single.php で表示している投稿に紐づくタームを表示する場合は 『 get_the_terms 』 を使用する。

例)カスタム投稿タイプのタクソノミースラッグが my-category の場合の表示方法です。

<?php
$terms = get_the_terms($post->ID,'my-category');
foreach( $terms as $term ) {
echo '<a href="'.get_term_link($term->slug, 'my-category').'">'.$term->name.'</a>';
}
?>

 

参考サイト

WordPress タームの取得と表示方法 - by Takumi Hirashima
WordPress のタームの取得と表示方法を紹介します。例えば、タームの一覧を表示したり、アーカイブページでタームの名前や説明を表示する時に便利な方法です。

 

タイトルとURLをコピーしました