iPhone 水没復旧修理

iPhoneを水没させても復旧はできます!?

iPhone修理を専門にされている店舗では、水没修理もしているところもあります。

基本的に水没してしまった場合は、諦めるしかないと思われている方も多いのですが、最近では、しっかりした技術を持っている店舗さんもあり駆け込み寺のようにお客様が集まっているところもあります。

 しかし、ご存知の通りiPhoneなどの精密機器は、水や水分に非常に弱いものなっており、復旧できない場合や、データが消えてしまったり、100%使用を継続できない場合もあります。

iPhoneが水没した時に、現れる主な症状

  • 電源が入らなくなる
  • 電源が入ってもアップルマークがループしたり、いつもと違う画面が表示される。
  • 画面が表示されるが、タッチが反応しなくなる。
  • iPhoneを操作していると、急に電源がシャットダウンしたり、アプリが起動しなくなる。
  • ホームボタンや各種ボタンが反応しなくなる。
  • 画面が以前に比べ暗い状態やシミが出来てしまっている。
  • 充電できなくなる。

など、数えればきりがない状態になります。

水没させてしまった時、控えて頂きたい事

こちらは、iPhoneを水没させた時の避けて頂きたいことになります。

  1. 電源が付くかどうか試す。
  2. 本体を激しく振る。
  3. 充電する。
  4. ドライヤー等で暖め続ける。
  5. 電子レンジでチンする。

それぞれの理由は!

  1. 電源を入れることにより基盤やコネクターがショートしてしまう可能性があります。
  2. また、本体を激しく振ったりすることにより、より内部に水分が浸透してしまい悪化させたり二次被害が発生する場合があります。
  3. 充電も同様に内部で電流が流れてしまい、基盤やコネクターをショートさせてしまう可能性があるためです。
  4. ドライヤーで乾かすことは、決して悪いわけではないのですが乾かし方により、水分と熱による化学反応により内部の基盤を痛めてします場合もございます。
  5. 電子レンジは、マイクロ派により水分振動して熱を発生させてしまい、内部の部品や基盤やチップをすべて破壊してしまいます。

iPhoneを水没させたときの対処法!

  1. 電源をすぐに切る
  2. タオル等で水分を拭けるところを拭く
  3. 至急修理店にご連絡をする

ここで、いろいろ説明させて頂くよりかは、お近くのiPhone修理店さんにお問合せ頂ければと思います。

また、こちらにiPhoneを水没させた時の応急処置も参考にして頂ければと思います。

iPhoneの水没修理は!

ガラス割れやバッテリー交換に比べ非常に多くの作業及び工程にて復旧作業を行います。

  1. iPhone内に残っている水分を完全に取り除く作業
  2. 基板洗浄
  3. 接点回復・復旧作業
  4. 内部乾燥
  5. 場合により、不良部品の交換
  6. その他

水没修理の対応機種及び作業時間

 iPhone6 plus, iPhone6, iPhone5s, iPhone5c, iPhone5, iPhone4s 

 水没修理での作業時間はお店や水没の度合いにより2時間から半日程がほとんどです。

お近くのiPhone修理店を探す

iPhoneの修理専門店は、アイフォンの所有者の増加と共に店舗が全国に増えつつあります。

うちみたいな田舎には、そんなお店なんて出来るわけないって思っている場所に最近は出店していたりしておりますので以下より検索して頂けます。

にゃん美
 iPhoneに入っている写真が消えるのはいやだにゃ~!!
ヒヒぞう
 ご安心を(^^; 修理では、多くのiPhone修理専門店では、初期化などいたしませんので写真もゲームも設定もそのままでできますよ~

japan